CONCEPT

メインイメージ

コレコレ

1989年8月12日生まれ。広島県出身。
YouTube 登録者135万人以上、Live配信の最高同時接続数17万人超え、名実ともに国内No.1配信者。
トレンドを掴む洞察力と巧みなトークでリスナーを虜にする配信界の王。雑談、ゲーム実況、凸待ちなど、ジャンル、放送スタイルを問わず展開。常にリスナーを飽きさせない最強のエンターティナー。配信だけではなく近年はイベント等も開催しており、2020年2月にはZepp DiverCity Tokyoにて、音楽ライブ&トークイベント「コレフェス2020」を開催。チケットを即日完売させる等、トップアイドルストリーマーとしても活躍中。

Concept

「推しに会いに行くための服」
ブランド名の「howmeni.」は、「how many…?」(意味:数を問う)の造語。
無個性と言われる量産型ファッションでも、オリジナリティを発揮できるブランドを目指す。

Motivation

コレリス(コレコレの放送をよく聞くリスナー)の女性達がもっと可愛くなれる服を作りたい、コレコレが好む洋服を着たコレリスを増やしたい、という思いからブランド立ち上げを決意。

~俺好みの服を着たコレリスを増やす。そして、コレフェス(コレコレ主催のライブイベント)を、自分が作った洋服を着たコレリスで埋め尽くしたい~

How

好みの服=量産型ファッション、をリスナーと共に作る
配信者として制作過程を放送で取り上げ、リスナーの意見も取り入れ、リスナーと一緒に作りあげていくファッションブランド。

Assemble

アドバイザーとして、アパレル業界から一流の人材を集結。

jet lag / ジェットラグ

アドバイザー01

アパレルキャリアのスタートは2000年。当時最も勢いのあったブランドであるPOPカルチャー×ギャル系ブランドからスタート、30億のブランドへと成長する礎に貢献。時代の流れが、物から人へ移る流れの中、109ブランドの中で当時もっとも勢いのあったブランドへ転職し、設立時のスターティングメンバーの一員として参加。その後、個人をフィーチャーしたブランディングの手法を確立。自らが独立し、数多くのD2Cブランドをプロデュース・支援。

森 茂穗 / Shigeho Mori

アドバイザー02

編集プロダクションにて情報誌の編集者としてキャリアをスタート。その後、2010年に女性誌「Happie nuts」編集長に就任。休刊の危機にあった同誌をV字回復させた手腕を評価され、2014年から角川春樹事務所発刊のティーンエイジャー向けカルチャー雑誌「Popteen」の編集長を務める。 藤田ニコル、みちょぱ、などティーンに人気のアイコンを次々と生み、10代のKawaiiカルチャーの新たな発信源に「Popteen」を成長させ、2017年8月に藤田ニコルとともに同紙を卒業。